bet365 bookmaker ブックメーカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックメーカー投資とは?

A football player kicks the ball during the UEFA Champions League football match Lille vs. Copenhagen on August 29, 2012 at the Grand stade in Villeneuve d'Ascq, northern France. AFP PHOTO DENIS CHARLET

もったいぶって説明していませんでしたが、ブックメーカー投資とは?について説明します。

これまでの投稿でなんとなくわかった方もいるとは思いますが、簡単にいえば、

スポーツの試合でどっちが勝つか賭ける!

これだけです(汗

最近、日本のプロ野球でも賭博問題がありましたが、あれが大問題になったのは「違法」だからです。

日本では認められていません。

ただ、海外ではずいぶん昔から始まった投資で「ブックメーカー」は海外では合法な巨大ビジネスとして成立しています。

海外だと「Bookmaker」ではなく略称(愛称?)で「Bookie」と呼ばれているみたいです。

日本だとJリーグの試合に賭ける「TOTO」が有名ですが、TOTOは複数の試合の勝ち負けを予想するものですのでとても難しいです。

当たればでかいですが、多額のリターンが当たることはそれこそ宝くじを買うのとなんら変わりません。

ブックメーカーはただ1つの1試合に賭けます。

たとえば、セリエAでACミランとユベントスの試合があるとして、どちらのチームが勝つかを賭けるわけですね。

個人的には本田圭佑選手が所属しているACミランに賭けたいところですが、相手がユベントスならユベントスに賭けると思います(汗

ブックメーカーの仕組みは本当に単純で「どっちが勝つか」を賭けるだけです。

引き分けに賭ける、ということもできます。

賭けることを「ベットする」といいます。

あとはハンディキャップを付けてベットするという手法もあります。

ハンディキャップについてはまた別の投稿で書きます。

大した説明にはなっていませんが、ブックメーカー投資は世界中で開催されているサッカー、テニス、バスケットボールなどの試合の勝敗を予想して賭ける!という投資手法になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ